叔父が残したガレージの中で家族が見つけた驚愕のものとは?

次のページ

家族はガレージの中でとてつもないサプライズを受けました

家族が亡くなるのはいつでも悲しい事です。しかし時には残された財産がとてつもないものである場合もあります。このストーリーはイングランドのニューカッスルを舞台にした話です。叔父は長年病気に苦しみ、亡くなり、汚い古いガレージを残しました。誰もが後に見つかるとてつもない何かが潜んでいることとはその時は思いませんでした!

叔父は家や家財道具を残しただけでなく、古いガレージも残していたのです。

古いガレージ

2007年の春、89歳のハロルド・カー博士は故郷のニューカッスルで生涯を終えました。彼の死後、家族に驚愕のサプライズが待ち受けていたのです。ハロルド博士は熱心な収集家だったのです。彼の家族はガレージを遺産として受け取り、そのサプライズを発見する事になります。カー博士の甥がガレージを開けると、そこで夢にも思わないものを見つけたのです。

コレクター

誰もがハロルド・カー博士が晩年人とはあまり関わらない生活を送っていたことを知っていました。強迫性障害の影響もあり、殻に閉じこもる生活を送っており、収集し始めたものは絶対に捨てず、どんどんコレクションを増やしていきました。カー博士は自動車、飛行機、マシーンなど冒険に関連するものがお気に入りでした。彼のストレージスペースには車の部品が収集されていましたが、どれくらいの数があるのか、そしてどんな種類の自動車の部品を彼が収集していたのかは誰も知りませんでした。

次のページに進んでハロルド・カー博士の甥がガレージで見つけたものを知りましょう!