この方法を使えば水分過剰状態なのかを見分ける事ができます

次のページ

腎臓

18リットル以上の水を摂取すると問題が始まります。腎臓がその量の水に対処する事ができなくなり、水中毒を引き起こします。これは血中のナトリウムと水のバランスがひどく乱れた際に発症します。

水分過剰摂取

実際に水中毒を引き起こすには相当量の水を飲む必要がありますが、水中毒にならなくとも水分過剰摂取の状態に陥る事は十分にあります。水やその他の水分を過剰に摂取すると、身体はその過剰な水分に反応します。それが起こってしまうと、以下の症状が出てきます:

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 頭痛
  • 低血圧
  • エネルギー低下
  • 筋力低下
  • 筋肉痙攣
  • 情緒不安
  • 不機嫌

ソースWomen’s Health Mag, National Kidney Foundation, NCBI | 画像: Pixabay