アルツハイマー病の早期発見サイン4選

次のページ

アルツハイマー病はこれらの症状によって見つける事ができます

多くの場合、アルツハイマー病は認知症と関連しています。65歳以上になると14人に1人がアルツハイマー病を患い、85歳以上になるとその数字は6人に1人と上昇します。早期に症状とサインを認知する事が大切なのです。

認知症の種類の中で、アルツハイマー病が一番一般的なものです。

アルツハイマー病の原因

アルツハイマー病は認知症の一種です。「アルツハイマー」という単語は一般的な認知症と混同されがちですが、それは間違っています。アルツハイマー病には確かに認知症が存在していますが、認知症を患う全ての人がアルツハイマー病という訳ではありません。アルツハイマー病は、基本的には退行性の病気です。つまり、時間の経過とともに悪化し、継続的に脳機能が低下していきます。プラーク、およびタングルと呼ばれる一種のタンパク質が脳内に沈着し、このたんぱく質が神経細胞間のコミュニケーションを制限し、最終的に記憶能力に影響を及ぼします。これらのたんぱく質がアルツハイマー病の原因だという科学的根拠は無いのですが、高血圧と高コレステロールと併発する場合、アルツハイマー病を発達させるリスクを高めます。アルツハイマー病の正確な原因はいまだ解明されていません。

次のページでアルツハイマー病の症状についてより詳しく知りましょう。