家に改造してしまった旅客機の機内が信じられない程素晴らしく、衝撃的

次のページ

airplane

ボーイング727

1999年、キャンプベル氏はボーイング727をオリンピックエアウェイズから100,000ドルで購入する事に決めました。彼がこの飛行機を買った時、この巨大な飛行機をオレゴンの森の中に運び込む必要がありました。飛行機は、ギリシャのアテネから輸送されてくるため、ここで問題が起こります。輸送コストは最終的に120,000ドルにまで膨れ上がり、彼はこの飛行機に220,000ドルものお金をつぎ込んだことになります。しかし彼にとってはそれでも価値のあるものでした。

 

airplane

インテリア

飛行機の中にはあなたが必要な快適が全て詰まっています。座席やトイレットなどの元々あった飛行機の内装の多くはそのまま残されています。そこに洗濯機やシンクが追加されています。

airplane

質素

ボーイング727はたくさんのスペースを持っているものの、キャンプベル氏はこのユニークな家でとても質素な生活を送っています。布団で寝て、料理は電子レンジとトースターを使い、基本的にシリアルや缶製品を食べています、更に設備などは自分自身で作っています。