家に改造してしまった旅客機の機内が信じられない程素晴らしく、衝撃的

次のページ

旅客機

この飛行機の中を見て下さい!

電気技師を退職した64歳、ブルース·キャンペル氏はいつでもクリエイティブなビジョンを持っていました。彼は20代前半の頃、23,000ドルでオレゴン州ヒルズボロにある10エーカーもの土地を明確なビジョンの基購入しました。彼は古い飛行機とその土地で、世界で最もユニークな家を完成させたのです。

家の中身は少々お待ちください!

イノベーション計画

キャンプベル氏は小さい頃から古い物を改造して新しいものを作り出す事に情熱を持っていました。この土地を使った彼の計画は、いくつかの異なる貨物船で自分自身の家を建てる事でした。とても革新的な計画に感じるかもしれませんが、キャンプベル氏は他の誰かが建てた家の事を聞きました。彼がこの計画を思いついた20年ほど後、キャンプベル氏はミシシッピ州在住の美容師、ジョアンナ·ユセリーさんの話を聞きつけたのです。彼女はボーイング727を購入して家に改造したのです。彼女の前の家は家事になってしまったため、飛行機を改造して静かな川の横に建てました。これがキャンプベル氏が計画を変更しようと決断した時でした。

そして彼は計画を壮大に変更したのです!次のページでは、キャンプベル氏がどのように飛行機で家を建てたのかを画像付きで紹介します!