この方法を使えば水分過剰状態なのかを見分ける事ができます

次のページ

誰もが脱水症状に気を使いますが、水分の過剰摂取はどうでしょうか?

朝起きたら水を飲む、通勤通学に水筒を持っていく、頻繁に水筒に水を足し続ける。私たちは脱水症状を起こすべきではないと考えるからそのような行動をとります。しかし、水分過剰摂取状態が存在するのも知っていましたか?

水分補給

多くの人は毎日十分な水分を補給できていません。その一方で、水分を次から次へと補給する人もいるのも事実です。これまで私たちは水分を常に補給しておくようにと教えられてきました。あなたは実行していますか?そうでないなら十分な水分補給をしましょう。まずは一日に十分な水分補給を出来ていない人におすすめする方法から始めていきましょう:

  • 朝起きたらグラス1杯の水を飲む。
  • 水分補給を追跡できるモバイルアプリを使用する。
  • 水に風味を加えて飲みやすくする。
  • ボトルで水を飲むようにし、常に目が届く場所に置いておく。
  • 水分を多く含むフルーツをもっと食べる。

しかし、先ほど話したように水分過剰摂取という状態も存在しています。水分を過剰に摂取しがちな人は真逆のアプローチが必要になってきます。

アドバイス

多くの水分に関連するアドバイスとして、1日に23リットルの水分を摂取するべきだ、というものがあります。お茶でも炭酸水でも構いません、これが一般的な水分の摂取量です。あなたはこれよりも少ない水分を摂取していますか?そうであるなら脱水状態に陥り、肌荒れ、頭痛などの症状に悩まされていることでしょう。1日に3リットル以上の水を摂取している人は問題ありません、身体はそれくらいなら対処できます。

それではどの状態が水分を過剰に摂取している状態なのでしょうか、水分過剰の状態に陥ると水中毒になってしまう危険性もあるのです!次のページに進んで詳細を確認しましょう。