双子の兄弟が合計155㎏の減量に成功!減量後の姿が衝撃的

次のページ

双子の兄弟

双子の兄弟が成し遂げた素晴らしい功績!

双子の兄弟であるコーリー、ディロンは幼少期から太りすぎでしたが、高校を卒業してからさらに数10キロ増量してしまいました。彼らによれば、二人ともスポーツを辞めてしまった事が原因だと言います。そこから数年で体重は90㎏から180㎏まで増えてしまいました。しかし双子は肥満である事に嫌気がさし、ついに行動を起こすことにしたのです。

双子が成し遂げたのは素晴らしい事です。

祖母

「自分自身を鏡で見た時、何かしなきゃいけないと思ったんだ」とコーリーは今になって言います。「糖尿病になった訳では無い、でもなりかけの状態だったんだ」とディロンも続きます。祖母のお陰で自らのスイッチを切り替える事ができたのです。「いい?あなたたち信じられないくらい大きくなっているわよ」という祖母の言葉で双子の兄弟は減量を決意します。「家族は僕たちの健康を心配していたんだ。当時は常に疲れていたし、気がめいっていたんだよ」とコーリーは思い返します。

栄養士

兄弟は二人とも胃バイパス手術を望みました。このプロセスをすることで胃のサイズが小さくなり、消化システムが一から整理されるのです。しかし手術前に二人とも当時の体重の10%を減らす必要がありましたが、栄養士のお陰でなんとか達成する事ができました。炭酸飲料をやめ、1日に2~3リットルの水を飲むところから始めたのです。さらにピザとフライドポテトは野菜とフルーツに変え、加工食品を摂取するのをやめました。

次のページで兄弟の大変身をチェックしましょう。