あなたが知っておくべき認知症9つの早期サイン

次のページ

この9つは認知症の初期症状のサインです

認知症はあなたが思うよりも頻繁に発症するものです。NHSによると、65歳以上の14人に1人は認知症を発症し、80歳以上になると6人に1人と数値は上昇します。人が認知症を患っているかどうかは初期症状が人によって異なる為、見分けがつきにくいのが特徴です。

こちらの9つの小さな変化で認知症の初期症状を見分ける事ができます:

時間と場所

認知症患者は時間と場所の感覚が低下します。例えば、スーパーマーケットへ歩いて行ったのにどこに自分がいるのか分からなくなるなどの症状です。日付や年を思い出すことも困難になっていきます。

文章

こちらも上の症状と関連しています。住所、バースデーカード、など様々な文章を書くことが困難になります。特に適切な言葉を選ぶのが難しくなります。文章を書くための十分な集中力が保てないという症状もある為、執筆中の集中力にも問題が発生します。

短期記憶

認知症の初期症状の1つとして短期記憶の問題が挙げられます。鍵をどこに置いたか忘れてしまうなど誰にとっても起こり得るものなので判別が非常に困難です。しかし、認知症の場合、忘れっぽさはより深刻なものであり、より頻繁に発生します。あり得ない場所でものが無くしたものが見つかる場合がよくあります。例えば鍵が冷蔵庫の中で見つかったり、電子レンジの中で財布が見つかったりする事もあります。

ムードの起伏

認知症の初期ステージに居る人は感情の起伏が激しく、ムードが短期間ですぐに変わります。認知症患者が鬱を患っている場合もありますが、そうでない場合もあります。1つ言える事はムードが予兆も無く訪れる事です。急に笑い出したり、泣き出したりするのも一般的な症状の一つです。

次のページに行って他の認知症の初期症状を読みましょう。