裏庭で穴を掘ったら信じられない衝撃の発見をしてしまった

次のページ

裏庭

穴を掘った人もこんなものが出てくるとは思わなかったでしょう!

家を購入した際、時に隠されたお宝を見つけることがあります。そんな状況がアメリカアリゾナ州ツーソン出身のジョン・シムズ氏にも訪れたのです。彼が2015年に購入した家の設計図を見てみた時、とんでもない発見をしたのです。設計図上には「もう1つの部屋」が裏庭に存在していたのです。そこで彼が発見したものは驚くべきものでした。

ジョン・シムズ氏もこんな発見を自分がするとは思わなかったでしょう。

暗号メッセージ

ジョン・シムズ氏はアリゾナ州ツーソンに新しい家を購入しました。以前は彼の友人が所有しており、値段もお買い得で購入できたのです。しかしその友人から家の鍵を貰った際、謎のメッセージも一緒についてきたのです。この家にはミステリーが隠されており、発見しなければならない何かが存在していたのです。ジョン氏はこの友達の暗号メッセージがアリゾナ州全体で話題になるような出来事の始まりになるとは思いもしませんでした。

設計図

設計図では裏庭部分に明らかに丸型のスペースが記載されていました。ジョン氏は何が起こっているのか理解できないものの裏庭を掘ってみる事にしたのです。するとすぐにシャベルは鉄にあたり、物体を完全に掘り起こしてみると、丸型で鉄製のドアであることが分かりました。色々確認してみたところ、それは防空壕、地下避難所のようなものであり、さび付いた階段が現れ、ジョン氏は部屋へと足を踏み入れドームのような大きなスペースに辿り着きました。スペースは意外にもきれいな状態が保たれており、緊急事態に使用するための水や食べ物を見つけました。しかし60年代からこの地下スペースは開けられていなかったので、もちろん賞味期限はとっくに過ぎていました。

次のページでジョン氏がこのスペースを使って何をしたのか、そしてその動画を確認しましょう!